爆笑 ものまね お笑い コロッケ 四天王 ものまね芸人一覧 検索

いいねコレガールズMAX バーチャルアイドルとして、ブログ、YouTube、Instagramで活躍するバーチャルアイドル ミューカとバーチャルダンサー ニャミ 最新イベント プロフィール

あなたの見たい動画、探している動画がきっと見つかる!映画をはじめ、ドラマや舞台、アニメなど多彩なジャンルの動画を100,000タイトル以上販売しています。

二人で好きな音楽を聴きながら夜のドライブを楽しめる曲を紹介

今月号イベントお酒 特集

人気 動画配信サイト

人気 ゲームはコレだ

いいねコレ イベント

ちょっとみて イベント

こんなのあったのイベント

コロッケ アコースティック ものまねライブ

ものまねコンサート 谷村新司ライブものまね、松山千春ライブものまね、長渕剛ライブものまね

アコースティックライブ 田原俊彦、中居正広、和田アキ子、堀内孝雄、橋幸夫、八代亜紀、北島三郎、田村正和、YOU、スギちゃん、スリムクラブ、徳永英明、淡谷のり子、長渕剛、郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎、吉幾三、前川清、細川たかし、布施明、沢田研二、GREEN、湘南乃風、西野カナ、globe、一青窈、福山雅治、EXILE、井上あずみ、フランク永井、いきものがかり、田中邦衛、志村けん、瀬川瑛子、玉置浩二、武田鉄矢、桜田淳子、お客さんからのリクエスト、谷村新司、GLEY、海援隊、森山直太朗、秋川雅史、岩崎宏美、五木ひろし

アンコール 早送りものまね&五木ロボットひろし 特別フルバージョンです。

コロッケ 爆笑ものまね楽語会 大笑い文七元結

ものまね楽語「文七元結」 出演 左官の長兵衛=田中邦衛 文七=志村けん お久=松田聖子 吉原 佐野の女将=淡谷のり子 長兵衛の女房=市原悦子 吉原 佐野の旦那=武田鉄矢 ほか …

特典映像 ものまね五人楽語「長屋の花見」 出演 コロッケ長屋の大家=武田鉄矢 コージー冨田長屋の住人=武田鉄矢 ホリ長屋の住人=武田鉄矢 葉月パル長屋の住人=武田鉄矢 古賀シュウ長屋の住人=武田鉄矢 ほか…

▼シリーズ 一覧~
コロッケ 爆笑ものまね

お笑い おすすめ 最新動画

誰もがきっと笑顔になる笑いのエンターテインメントが満載!笑いを極めた芸人達による漫才やコントにものまね、巧みな話術で人々を惹きつける落語など笑いにまつわる動画を一同に集めて配信中!テレビでは決して見られない芸人のパフォーマンスを収めた単独ライブ動画は必見です。

▼もっとみる~
お笑い おすすめ 最新動画

動画カテゴリー リンク集

あなたの見たい動画、探している動画がきっと見つかる!映画をはじめ、ドラマや舞台、アニメなど多彩なジャンルの動画を100,000タイトル以上です。最新洋画や地上波オンエア中のドラマだけでなく、話題のVR動画や2.5次元ミュージカル、無料で楽しめる動画など豊富なラインナップ!購入した動画はWEBブラウザやスマートフォンだけでなく、TVやPS4からも視聴できます。追加料金は一切かからず、ご自宅や外出先で動画をお楽しみいただけます。

▼もっとみる~
絶対見たい映画 動画

コロッケものまね芸人

1960年 昭和35年3月13日 生まれ コロッケは日本のお笑いタレント、ものまねタレント、歌手、コメディアン、俳優、本名 瀧川 広志 たきがわ ひろし、ファインステージ所属、ものまねのネタ数は約500人です。

デビューまで

ものまねを始めたきっかけとして、本人は姉やピーターの影響を挙げている。コロッケがまだ学生だった頃、テレビのものまね番組などで、ピーターがちあきなおみなどのまねを披露していたことが後のコロッケに大きな影響を与えており、ピーターとは現在も親交が深い。他にコロッケ本人が元々、音楽好きだったこともきっかけの1つとなっています。当初はショーパブやゲイバーなどを中心に活動。熊本での素人時代、あまりの面白さに、瀧ちゃんよか!と繁華街から声援が飛ぶ程の人気ぶりだった。このとき、一度知人の伝で上京、あるラジオ局でモノマネを披露する機会に恵まれる。このときに立ち会っていたのはタモリ、赤塚不二夫、所ジョージという面々であった。披露後、所ジョージから君のモノマネは似ているけど面白くない、という痛烈なダメ出しを喰らい、熊本に戻ったのちに一念発起し、ビジュアルモノマネを誕生させることとなります。
その後再び上京し、日本テレビのお笑いスター誕生!に出演。グランプリ獲得はならなかったが6週勝ち抜きで銀賞獲得、以後テレビなどでも活躍するようになります。お笑いスター誕生!出演当時は、おねえ風の外見や芸風もあって本物のゲイと誤解され、楽屋で他の出演者が寄り付かないため、コロッケの周りには空間ができていた。

ものまね四天王でブレイク

1985年、フジテレビものまね王座決定戦の出演で一躍人気芸人となり、ものまねタレントの代名詞的存在となります。ものまね四天王の一人としてフジテレビのものまね珍坊にレギュラー出演。またTBSにて自身の冠番組、そんなコロッケな!?→コロッケ!!噂の芸能界も持つようになった。しかし、フジテレビの同番組プロデューサー木村忠寛との対立や事務所独立を巡る軋轢等から、1992年3月31日放送の第11回爆笑!スターものまね王座決定戦スペシャルを最後に、1993年に日本テレビ史上最高そっくり大賞へ移ることとなった。木村との対立が原因でものまね王座決定戦だけではなく、フジテレビ系全ての番組にしばらく出演しなくなった。グッチ裕三は、コロッケがフジに出なくなった理由を尋ねられると、言えねー!とコメントしていた。ただし、その後も映像はフジテレビで使われており、且つ2010年頃からHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMPに頻繁に出演し、そこでモノマネを披露することが多かった。同年6月14日放送分では、芸能生活30周年と題して、松山千春の長い夜を往年のパフォーマンスを交えながら熱唱した。また対立していた木村とは、ものまね四天王 オリジナルムービー ひょうたんの特典映像で四天王と共演している。コロッケは、ものまね王座決定戦を降板した当時の心境をこう振り返っている。自分のパフォーマンスができないという、いら立ちもあった。当時、出演者1人に与えられていた時間は、わずか1分半。僕のダンスとか取り入れたネタは、4〜5分かかり、どうやっても収まらない。しかも、出番1回で1人のものまねしかダメとなると、身動きがとれません、本番になった途端、3人も4人もネタを入れたりして。すると、番組スタッフの方から、凄い怒鳴られまくって…、やりたいようにできなくても、我慢していれば、とりあえず生活は安泰だろう。しかし、このままぬるま湯につかっていたら、もう冷めるしかない。だったら、自分で湯を沸かせるところを探すべきじゃないか。もう一度、熱い湯に入るには、一度、このぬるま湯を出るしかない。僕は頑固な方で、一回こうだと思ってしまうと、もう同じ気持ちではできないんです。

コロッケ その後

1980年代後半、美川憲一のものまねが茶の間に大受けした。美川は1970年代後半以後から人気が低迷し、1984年に大麻事件を起こしてからは表舞台から消えていたが、1989年の新春特番!オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦にご本人として登場したことから人気が復活。以来、コロッケを芸能界に帰してくれた恩人として感謝しており、再び売れっ子となった現在でも芸能界の後輩としてコロッケを可愛がっている。また1991年、NHK 第42回NHK紅白歌合戦に美川が復活出場した際にもコロッケはものまねで登場し、一緒にさそり座の女を歌った。なお、美川自身が無名時代のコロッケに自分もレパートリーに入れてと依頼をしたのがキッカケ。2005年、スティーヴン セガール主演の映画イントゥ ザ サンで、ナイトクラブのコメディアン役でハリウッド映画初出演。2009年7月29日の舞台座長公演の記者会見で、中学生のころから真珠腫性中耳炎による聴力障害で右耳の聴力をほぼ失っていることを告白。元は7歳の頃にプールで耳に水が入り中耳炎になったことが原因である。当時病院で治療したが、数年後に再発した際、母子家庭で生活が厳しかったため母に言い出せずにそのまま放置、さらに膿んでしまって耳から悪臭が漂い、学校でいじめに遭うが、母に迷惑を掛けまいと黙っていた。だが14歳の時に耳に激痛が走り、聴力を失うに至ってしまった。会見では、この障害で骨伝導で音を聴くようになったことが逆に音に対する感覚に敏感となり、現在の芸風確立につながっている。またこれが芸人を目指すきっかけとなった。と語っている。2010年の芸能生活30周年記念イベントでは、全モノマネレパートリーの本人がゲスト出演を果たした。これは当人も知らされていなかったという。他歌手の声帯模写ではなく、自身の歌い方による歌手活動も行っている。2016年11月より2017年3月まで、熊本市電の車内放送をモノマネで行っていた。

コロッケ 現在 SNS YouTube

ものまね

テレビ時代の1960年代後半から70年代にかけての歌真似は、歌唱力の卓越した歌手が演じるのが一般的で、水原弘の勝新太郎、三田明の森進一、橋幸夫、美川憲一のピーター、森昌子の都はるみなど、象印スターものまね大合戦で数多くの物真似が披露されました。声質の似た者を誰に物真似させるか、その仕掛人は、同番組のバックを務めていたバンド東京パンチョスのリーダー、チャーリー石黒であった。一方、声帯模写の分野では数々の演芸番組で桜井長一郎、江戸家猫八、佐々木つとむといった名手たちが至芸を披露した。

1980年代以降、テレビでのビジュアルを意識し、本人に似せた派手な衣装や扮装でオーバーな演技 歌唱を見せる物真似スタイルが広まった。このような演出はテレビ放映を前提とした芸であり、従前の物真似とは本質的に異質なものとみるのが正確である。本人登場というお遊びもよく行われる他、内田裕也のモノマネの場合、本人ではなく安岡力也が登場するといったケースもある。

旧来の形態模写と一線を画したビジュアル面の物真似を広めたのはコロッケである。コロッケは漫才ブームに付随して起こったお笑いブームの時期にメジャーシーンに登場。主として人気歌手の物真似を行っていたが、当初は声は真似せず、徹底的に顔や振り付けや態度や服装といったビジュアル面の物真似を行って人気を博した。これは、歌手の真似イコール声帯模写という旧来の概念を打ち破るもので、コロッケのビジュアル物真似は他に大きな影響を与えたと言える。コロッケは後に声帯模写の技術も身に付けたが、初期にはステージでも全く話さないという芸風だった。当時のコロッケが得意としたのはちあきなおみ、岩崎宏美、野口五郎といった歌手だが、いずれも本人の顔の表情や振り付けをオーバーにカリカチュアすることにより、本物のパフォーマンスよりコロッケの物真似の方が印象に残るような結果になっています。

よく真似された有名人は、男性だとビートたけし、アントニオ猪木、えなりかずき、大滝秀治、武田鉄矢、桑田佳祐、板東英二、平泉成など、女性だと浜崎あゆみ、仲間由紀恵、ローラなどである。芸能人の中でも、例えばビートたけしのように声質や話し方に特徴がある者や、デーモン閣下のように顔貌や衣装などの外見的特徴がある者など、もともとオーバーな特徴を持つ者を題材に用いることが多い。美川憲一はコロッケの物真似の題材にされたことで本人も人気を復活させ、コロッケに感謝の意を表したことがある。清水アキラとキンタロー。は元の人物とかけ離れ変な部分やオーバーなおふざけをしたり下ネタを入れる部分で本人やファンに嫌われる傾向が強く、淡谷のり子が下ネタに嫌悪感を表しているほか、松村邦洋もモノマネ芸は素晴らしいが下ネタに力を入れすぎと評している。2000年代以降はコージー冨田、原口あきまさ等、有名人の口癖や出演作品のワンシーン等、場面を切り取ったモノマネを得意とするタレントが多くなっています。

ものまね 風潮の変化

テレビ番組の世界ではかつて、そっくりショー、スターに挑戦、象印スターものまね大合戦などで著名歌手が歌まねをするレギュラー番組が数多く存在したが、2000年代頃からは主としてタレントがメインとなる春秋の期末 期首、並びに年末年始の特別番組が中心となっていました。その中でも、ものまね王座決定戦、爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャルと、ものまねバトル、ものまねグランプリは、ものまねを本業とするタレントはもとより、若手のお笑いタレントや歌手の参戦も多い。その中でも西尾夕紀や城之内早苗、大石まどか、水田竜子ら演歌歌手の台頭も目立ち、本職の演歌だけでなくポップスでも歌唱を見せています。

歌唱力のある歌手は物真似も上手い例が多いが、かつては本職の歌手が歌真似をするのはお笑い芸人的で好ましくないという意識が存在していた。また有名歌手の持ち歌を、他の歌手が歌うことも好ましくないとされていた。例えば、若い頃の五木ひろしは非常に歌真似が上手いことで知られていたが、ヒット曲が出て大物歌手になってからは物真似を封印しているとされる。

ものまね 四天王

ものまね四天王とは、かつてフジテレビの、ものまね王座決定戦で人気 実力を不動のものにし、一世を風靡した清水アキラ、ビジーフォー グッチ裕三、モト冬樹、栗田貫一、コロッケのものまねタレント4組です。

ものまねブームが始まった1990年頃に、番組の高視聴率や優勝回数が多いことなどに伴い、フジテレビの、ものまね王座決定戦で命名されたのが始まりで、その後、四天王はレギュラー番組 ものまね珍坊など様々な箇所で活躍して、以後バラエティ番組の歴史では欠かせない代名詞となった。しかし、1992年にコロッケがプロデューサーであった木村忠寛との確執や事務所独立を巡る軋轢等から、ものまね王座をはじめとするフジテレビのものまね番組から降板。その後コロッケが日本テレビの、ものまねバトルに出演するようになってからは、栗田と清水、ビジーフォーのグッチ裕三とモト冬樹の4人を、または、発表日本ものまね大賞 優勝を経てプロデビューした布施辰徳を加えた4組を指す言葉として使われたが、程なくしてビジーフォーも番組を降板し、ものまね四天王は事実上消滅した。清水と栗田は、その後お笑いコンビ アキカンを結成している。2011年6月2日、コロッケの呼びかけにより、東京都渋谷区の渋谷公会堂で東日本大震災の復興支援チャリティーライブイベントものまねキャラバンが行われ、コロッケ、清水、栗田の3人が19年ぶりに共演した。なお、グッチと冬樹はスケジュールの都合でライブには出演しなかった。2015年3月29日に開催された、ものまねキャラバンVol.5 ~ものまね芸人にできること〜で四天王5人が集結、公の場では23年ぶりの復活を果たした。2015年8月22日放送の八方、陣内、方正の黄金列伝にコロッケが出演、個別に収録したVTRながら四天王がコロッケに対する思いを語った。2018年6月20日放送のフジテレビ梅沢富美男のズバッと聞きます!で、1992年のコロッケのフジテレビのものまね番組降板以来となる26年ぶりにものまね四天王が揃ってテレビ共演を果たした。2021年現在でものまねタレントとして活動しているのは栗田とコロッケの2人のみ。栗田は、ものまね王座決定戦や爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャルのフジテレビのものまね番組、コロッケは、ものまねグランプリの日本テレビのものまね番組にそれぞれレギュラー出演しています。一方、ビジーフォーのグッチは料理タレント、モトは俳優や音楽番組の司会者として芸能活動を続けているがものまねタレントとしては休業しています。清水は2013年をもってフジテレビのものまね番組を卒業しています。

▼四天王メンバー~
▪清水アキラ
▪ビジーフォー グッチ裕三 モト冬樹
▪栗田貫一
▪コロッケ

ものまね 女四天王

松居直美、松本明子、篠塚満由美、しのざき美知がものまね女四天王と呼ばれました。その後、しのざきの代わりに斉藤ルミ子が四天王入りします。また、篠塚が新人の松下桂子と期間限定ユニット しじみとさざえを組んでいた時期は、しじみとさざえが四天王扱いとなりました。

ものまねタレント一覧

ものまねタレント一覧は、ものまねタレント、主にテレビ番組やお笑いライブ、寄席などで物真似を専門とする芸人、または得意とするお笑い芸人、タレントの一覧です。

▪相沢まき
▪青木隆治
▪あかつ
▪暁月めぐみ
▪秋山竜次(ロバート)
▪阿佐ヶ谷姉妹
▪アジアンビューティー
▪あしべ
▪あたりとしお
▪アッキー
▪アナログタロウ
▪アマレス兄弟
▪アモーレ橋本
▪荒牧陽子
▪有吉弘行
▪あれ慎之助
▪アンジェラ・デストロイ
▪アンチエイジ徳泉
▪アンドーひであき
▪アントキの猪木
▪アントニオ小猪木
▪あんも直想子
▪いしいそうたろう
▪石川ことみ
▪石出奈々子
▪イジリー岡田
▪イチキップリン
▪一木ひろし
▪市原利夏
▪いっこく堂
▪井手らっきょ
▪いとうあさこ
▪伊藤広大(こりゃめでてーな)
▪井上マー
▪岩本恭生
▪ウクレレえいじ
▪梅小鉢
▪英二
▪英太郎
▪英明
▪江戸家小猫
▪江戸家猫八
▪江戸家まねき猫
▪エハラマサヒロ
▪エリザベータ
▪遠藤章造(ココリコ)
▪欧漢声
▪大石まどか
▪大泉洋(TEAM NACS)
▪おおともりゅうじ
▪オードリー
▪大西ライオン
▪大橋光
▪大林健二(モンスターエンジン)
▪大山英雄
▪岡安章介(ななめ45°)
▪奥田修二(学天即)
▪小野正利
▪オバアチャン
▪おばたのお兄さん

▪カール北川
▪影武者X
▪カステラ一番
▪片岡鶴太郎
▪片岡鶴八(故人)
▪加藤高道
▪角川博
▪かみじょうたけし
▪ガリベンズ
▪河口こうへい
▪神田聖子
▪神奈月
▪きくりん
▪岸学(どきどきキャンプ)
▪木下隆行(TKO)
▪キムコ
▪木村晃健
▪キャベツ確認中
▪キンタロー。
▪くじら
▪ぐっちゃん
▪グッチ裕三
▪くりぃむしちゅー
▪栗田貫一
▪桑野信義
▪けんずろう
▪ケント・フリック
▪小石田純一
▪小出真保
▪高円寺パルサー
▪河本準一(次長課長)
▪コージー冨田
▪古賀シュウ
▪小堺一機
▪小谷大輔
▪こにわ
▪こばやしけん太
▪コピー美川
▪ゴブリン
▪こ☆まいける
▪コロッケ
▪コロンブス
▪紺野ぶるま
▪昆布ちゃん

▪斎藤司(トレンディエンジェル)
▪齋藤ルミ子
▪サウンドコピー
▪酒井直斗
▪酒巻輝男
▪坂本冬休み
▪桜 稲垣早希
▪桜井ちひろ
▪桜井長一郎
▪佐々木つとむ
▪ザ・たっち
▪サトニイ
▪ザ・ニュースペーパー
▪ザブングル
▪サワー沢口
▪ざわちん
▪三四六
▪しあつ野郎
▪ジーニー堤
▪JP
▪ジェニーいとう
▪ジゴロー
▪しのざき美知
▪篠塚満由美
▪しのぶちゃん
▪島田ひでとし
▪清水アキラ
▪清水ミチコ
▪清水良太郎
▪ジャガーズ
▪ジャンみやがわ
▪じゅんいちダビッドソン
▪翔子
▪ショウショウ
▪城之内早苗
▪笑福亭笑瓶
▪ジョーク東郷
▪ジョージマン北
▪白山雅一
▪シンディー
▪末吉くん
▪スギタヒロシ
▪鈴木寿永吉
▪鈴木つかさ
▪鈴木奈都
▪鈴木麻由
▪スタスタローン
▪すだちtoかぼす
▪関太(タイムマシーン3号)
▪関根勤
▪関根麻里
▪セニョール玉置
▪ゼンゴー
▪副島美咲
▪そのまんま美川

▪ダークホース山出
▪タイガー福田(超新塾)
▪大平サブロー
▪大平シロー
▪太平まさひこ
▪ダウソタウソ
▪高田千尋
▪竹中直人
▪竹原ひろみ
▪田島直弥(アイデンティティ)
▪立川真司
▪ダチョウ倶楽部
▪伊達みきお(サンドウィッチマン)
▪田中卓志(アンガールズ)
▪谷村仁司
▪楽しんご
▪ダブルネーム
▪タブレット純
▪玉城泰拙(セブンbyセブン)
▪民秋貴也
▪タモリ
▪俵山栄子
▪ダンシング谷村
▪団しん也
▪団長安田(安田大サーカス)
▪長州小力
▪超特急ひかり
▪チョコレートプラネット
▪ツートン青木
▪土浦ーズ
▪椿鬼奴 
▪できたくん
▪デビテツヤ
▪寺岡光盛
▪テル
▪とくこ
▪どてちん岩ちゃん
▪轟進一
▪トニーヒロタ
▪冨永みーな
▪知香
▪友近
▪寅人
▪とんねるず

▪中川家
▪なかじままり
▪なかのよいこ
▪長浜之人(キャン×キャン)
▪中森あきない
▪なだぎ武
▪ナックルこうじ
▪ななみなな
▪南州太郎
▪何ン田研二
▪南原清隆(ウッチャンナンチャン)
▪西尾夕紀
▪新田純一
▪ニッチロー
▪二宮優樹
▪二輪明宏
▪ノッチ(デンジャラス)
▪喉押さえマン
▪ノブ&フッキー

▪バーモント秀樹
▪博多華丸(博多華丸・大吉)
▪橋本志穂
▪葉月パル
▪バッファロー吾郎A
▪鳩山来留夫
▪花香よしあき
▪はなわ
▪羽生ゆずれない
▪原一平
▪原俊作
▪原口あきまさ
▪ハリウッドザコシショウ
▪ハリセンボン
▪春一番
▪はるな愛
▪ビジーフォー
▪ビタミンS
▪ビックスモールン
▪ひでよしっと
▪ビトタケシ
▪ひびきわたる
▪日村勇紀(バナナマン)
▪ビューティーこくぶ
▪広川ひかる
▪広瀬アリス
▪ブーブートレイン
▪福下恵美
▪福島善成(ガリットチュウ)
▪福田彩乃
▪藤川なお美
▪ふじきイェイ!イェイ!
▪藤崎マーケット
▪布施辰徳
▪プチ・ブルース
▪プラス・マイナス
▪フラチナリズム
▪プリティ長嶋
▪ブルース・リィ
▪ペレ草田
▪ぺよん潤
▪ほいけんた
▪星奈々
▪星乃泉水
▪ホリ
▪本日は晴天なり

▪まいける井上
▪マイケル・ウィンスロー
▪マイコーりょう
▪マキタスポーツ
▪ますだおかだ
▪増谷キートン
▪まちだあきこ
▪まちゅ
▪松居直美
▪松浦航大
▪松下桂子
▪松永光代
▪松村和子
▪松村邦洋
▪松本明子
▪マドカ
▪まねだ聖子
▪マルセ太郎
▪マリア
▪マリッジブルーこうもと
▪マリリンジョイ
▪丸山おさむ
▪三浦唯歌
▪魅川憲一郎
▪美川憲二
▪mimic☆美川
▪みかん
▪幹てつや
▪水江明博
▪水田かかし
▪水田竜子
▪満島ひかり
▪みっちー
▪南あいこ
▪ミニミニ長渕
▪三又又三
▪宮川大好
▪ミラクルひかる
▪美留香
▪むらせ
▪めぐまりこ
▪メルヘン須長
▪メロディーきみえ
▪もっぷん
▪森口博子
▪森進伍
▪森田拓馬

▪八木良
▪やしろ優
▪柳沢慎吾
▪柳元りょう
▪八幡カオル
▪山口宇史(EE男)
▪山口智充(DonDokoDon)
▪山崎邦正
▪山下真治
▪山田邦子
▪山田健二
▪山寺宏一
▪山本高広
▪山本正剛(BAN BAN BAN)
▪ゆうぞう
▪ゆうたろう
▪ユリオカ超特Q
▪横澤夏子
▪吉川正洋(ダーリンハニー)
▪吉村明宏
▪よっしー
▪よっぴ

▪リトル清原
▪琉球トム・クルーズ
▪レアレア
▪レイザーラモンRG
▪レイパー佐藤

▪若井おさむ
▪渡辺直美

▼動画配信サービス~
動画配信ユーネクスト
動画配信 dTV
動画配信 ABEMA
動画配信 WATCHA
動画配信 WOWOW
動画配信 スカパー
動画特集 イベント ランキング
↓↓↓


動画配信サービス ランキング

初回31日間無料おためし キャンペーン実施中!映画 ドラマ アニメ 音楽ライブなど、約120,000作品が月額550円で見放題!

動画見放題ch ライトは、映画やドラマをはじめ、人気アイドルイメージやバラエティなど様々なジャンルの中から厳選した5,000本以上の人気作品を月額550円で見放題の動画配信サービスです。

WATCHA(ウォッチャ)

WATCHAは、映画好きのための動画配信サービスです。人気の名作から、あまり知らないような作品まで、まさに映画好きが選んだ映画をお届けしています。

映画 ドラマ アニメなどの動画がスマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!PC スマートフォン タブレット テレビなどで今すぐ観て 聴いて 読んで 楽しめる新しいエンターテイメントサービスです。

ABEMAは、2016年4月に本開局した、テレビ&ビデオエンターテインメントとして展開する動画配信サービスです。スマートフォンやPC、タブレットに対応し、いつでもどこでも利用することができます。

~記事 カテゴリー~

絶対見たい動画

動画コレクション

動画 配信サイト

~本日のイベント~

イベント情報 案内

ミュージック 商品検索案内

総合商品検索案内ショッピング

最新総合商品検索ショッピング

~運営 サイト 案内~

運営グループサイト 一覧

タイトルとURLをコピーしました