レーシングカー 種類 世界トップクラスの高級スポーツカー スーパーカー

いいねコレガールズMAX バーチャルアイドルとして、ブログ、YouTube、Instagramで活躍するバーチャルアイドル ミューカとバーチャルダンサー ニャミ 最新イベント プロフィール

あなたの見たい動画、探している動画がきっと見つかる!映画をはじめ、ドラマや舞台、アニメなど多彩なジャンルの動画を100,000タイトル以上販売しています。

二人で好きな音楽を聴きながら夜のドライブを楽しめる曲を紹介

今月号イベントお酒 特集

人気 動画配信サイト

人気 ゲームはコレだ

いいねコレ イベント

ちょっとみて イベント

こんなのあったのイベント

リバティーウォーク LB-WORKS ランボルギーニ アヴェンタドール リミテッドエディション



オーバーフェンダーと極限のローダウンでハイパフォーマンスカーをカスタムするリバティーウォーク。今も好評発売中のLB-WORKS アヴェンタドールにリミテッドエディションが新登場。V12エンジンやフロントトランク内のエアサスユニット、カラフルなインテリアなどを観賞できるのはフル開閉モデルならでは。もちろん超ワイド&ローのアグレッシブなスタイルは細部まで徹底的にこだわり忠実に再現しました。

ランボルギーニ チェンテナリオ ロードスター カーボンブラック イエローアクセント



カーボンブラック イエローアクセント、販売価格およそ2億円のランボルギーニ チェンテナリオは、全世界でクーペが20台、ロードスターも同じく20台の計40台のみが限定生産されるフェルッチオ ランボルギーニ生誕100周年記念モデル。ランボルギーニ史上最もパワフルな最大770hpの自然吸気6.5リッターV12エンジンを搭載し、最高速度は350km/h以上を記録します。特別なオーラを放つ斬新なフォルムを実車に忠実に再現。ランボ伝統のシザーズドアや格納式リアウイングは可動し、エンジンフードは脱着可能。美しいカーボンボディやカーボン製ファンを組み合わせた専用ホイールなどもリアルに再現。

ランボルギーニ チェンテナリオ メタリック イエロー



ボディーカラー メタリック イエロー、2016年3月のジュネーブモーターショーで初公開された、イタリア語で100周年を意味するランボルギーニ チェンテナリオは、創設者フェルッチオ ランボルギーニの生誕100周年を記念して開発されたスーパーカーです。全世界でクーペが20台、ロードスターも同じく20台の計40台のみが限定生産される価格およそ2億円のワンオフモデルで、発表と同時にその全生産予定分が完売したことが大きなニュースとなりました。アヴェンタドールのメカニズムをベースに、エアロダイナミクスやシャーシにも最先端技術をフルに投入。ボディは、モノコックをはじめ外装パーツや室内トリムも含め全てカーボンファイバー製とし、クーペで車重1520kgと大幅に軽量化されました。リアミッドには、ランボルギーニ史上最もパワフルな770hpを発生する自然吸気6.5リッターV型12気筒エンジンを搭載し、0-100km/h加速2.8秒、最高速度は350km/h以上を記録します。オートアートでは、特別なオーラを放つ斬新なウェッジシェイプのスタイルを実車に忠実に再現。

ケーニグセグ アゲーラ RS レッド カーボンブラック



ボディーカラー レッド カーボンブラック、2017年に量産車による当時の世界最高速記録447km/hを達成したケーニグセグ アゲーラ RSは、軽量なカーボン製ボディに最大出力1160hpの5リッターV8ツインターボエンジンを搭載。全てハンドメイドによって25台が限定生産されました。オートアートでは、豪快に開く前後フードや個性的なラプタードアの開閉、可動式アクティブリアウィング、取り外し可能なデタッチャブルトップもリアルにモデル化。レースカーさながらの複雑なエンジンルームやセンターロック式カーボン製ホイールとカーボンセラミックブレーキなど細部まで余すところなく再現されました。

アストンマーチン ヴァルカン メタリックオレンジ



ボディーカラー メタリックオレンジ、世界限定生産台数24台のアストンマーチン ヴァルカンは、2015年に日本円でおよそ2億6000万円で発売されたサーキット専用車両です。アストンのGT3マシン用6リッターV12エンジンをベースとする、最高出力831PSの自然吸気7リッターV12エンジンをフロントミッドシップに搭載。カーボンファイバー製モノコックボディを採用し、乾燥重量は1350kgと軽量に仕上げられています。

マクラーレン P1 メタリックオレンジ



ボディーカラー メタリックオレンジ、2013年のジュネーブショーで発表されたマクラーレン P1は、販売価格およそ1億円で世界で375台のみを限定生産。最高737PSの3.8リッターV8ツインターボエンジンにハイブリッドシステムがプラスされ、最高出力はトータル916PSを発揮します。その性能は、0-100km/h加速3秒未満、最高速度は350km/hと発表されています。オートアートでは、空力性能の向上と軽量化によってえぐり取られたような形状のボディサイドなど、スーパーカーらしさを感じさせる個性的なスタイルを可能な限りリアルに再現。リアウイングを外してから脱着するリアカウルのギミックも実車同様に再現しました。複雑なエンジンルームにも注目です。

マクラーレン P1 GTR オレンジ



ボディーカラー オレンジ、ハイブリッドスーパーカー マクラーレン P1のサーキット走行専用モデルマクラーレン P1 GTRは、マクラーレン F1 GTRの誕生20周年を記念して世界でわずか40台ほどが生産。P1の購入者だけに注文の権利が与えられる特別なモデルです。搭載されるエンジンは、P1の3.8リッターV8ツインターボを改良し最高出力は800PS以上。そこにモーターの200PSのアシストが加えられ、パワーユニット全体で1000PSを発生しています。マクラーレンのテクノロジーセンターでのシミュレータートレーニングからサーキットの実走に至るまで、オーナーひとりひとり個別に組まれた専用の特別走行プログラムが提供され篤くサポートされます。

フォードGT ルマン レッド



ボディーカラー レッド、最高出力600hp以上の3.5リッターV6ツインターボエンジンを搭載するフォード GTレースカーは、伝説のマシンGT40がルマンで1-3位を独占した1966年からちょうど50年となる記念すべき2016年に再びルマンでクラス優勝を達成しました。GT40をモチーフとする極端にワイド&ローなプロポーションはもちろん、ロードカーとは異なり脱着式となる前後リッド、固定式リアウイングや巨大なリアディフューザー、鮮やかなカラーリングなど細部までリアルに再現。

アウディ R8 LMS 2018 バサースト12時間レース優勝



アウディ R8 LMSは、2016年からFIAが導入した新しいGT3レギュレーションに合わせて開発された新型レーシングカーです。車両規則によって、ベースの市販車両 R8のフルタイム4WDから後輪駆動に駆動方式を変更。ミッドに搭載される、自然吸気の5.2リッターV10エンジンは最高出力585PSを発揮します。CFRPカーボンファイバー強化樹脂の採用による軽量化と空力性能の改善により、戦闘力を大幅にアップさせています。2015年5月のデビュー戦、ニュルブルクリンク24時間レースでの総合優勝をはじめ、今回モデル化する二つのレースの優勝など、世界各国のサーキットでそのポテンシャルの高さを証明しています。

▼もっとみる~
アウディ R8 LMS スポーツカー

ブガッティ ビジョン グランツーリスモ レッド ブラックカーボン



ボディーカラー レッド ブラックカーボン、世界中で人気のドライビングシミュレーターグランツーリスモシリーズに収録されるブガッティ ビジョン グランツーリスモは、リアルカーと共に2015年のフランクフルトモーターショーで発表されました。圧倒的な存在感を放つそのスタイリングは、1937年、39年にル マン24時間レースを制覇したタイプ57 タンクへのオマージュ。バーチャルな存在とはいえ、最新のレーステクノロジーやエアロダイナミクスに基づき開発され、全てのパーツには実車同然の機能を持たせたリアルそのもの。1673PSという驚異的パワーを発揮するW16エンジンをミッドシップに搭載し、最高速度は447.59km/hとなる究極のレースカーです。

アストンマーチン V12 ヴァンテージ 2015 バサースト12時間レース



オーストラリアで高い人気を誇る伝統のバサースト12時間レースに2015年に出走し、97号車が3位入賞を果たしたアストンマーチン V12 ヴァンテージは、巨大なリアウイングやワイドな前後フェンダーなど、迫力のスタイルが魅力。カラフルなレースカーのエクステリアを忠実に再現。2ドアオープン仕様。

ポルシェ 918 スパイダー バイザッハ パッケージ ブラック マルティニ ストライプ



ボディーカラー バイザッハ パッケージ ブラック マルティニ ストライプ、歴代の959、カレラGTに続くハイパーカーとしてポルシェが最新技術を投入して作り上げたポルシェ 918 スパイダーは、歴史的名車917をモチーフにデザインされた次世代スーパースポーツカーです。2013年から全世界で918台のみがおよそ1億円の販売価格で限定生産されました。カーボン繊維強化プラスチック CFRP製モノコックを採用した軽量ボディに搭載する、レース用がベースの4.6リッターV型8気筒エンジンは単体で最大出力600PSを発揮。さらに2つのモーターをプラスしたプラグインハイブリッドシステムを採用し、システム合計では実に880PSにもなります。驚異的なハイパワーを発揮しながら、ハイブリッド モードではエコカー並みの34km/?という低燃費性能をも両立しています。カーボン製エアロパーツやマグネシウムホイールを採用し、40kgもの軽量化を実現した高性能版バイザッハ パッケージでは、0-100km/hが2.6秒、0-300km/hは19.9秒、最高速度は345km/hを記録。2013年9月にはニュルブルクリンクの北コースで、当時のロードカー最速となるラップタイム6分57秒を叩き出しました。

ポルシェ 911(997)GT3RS 3.8 グレー ゴールドストライプ



ポルシェ 911 GT3RSは、NAエンジン搭載車のトップであるGT3をベースに、パワーアップと徹底的な軽量化などサーキット性能を重視して開発された伝統の軽量バージョンです。2010年のマイナーチェンジで排気量が3.6リッターから3.8リッターに拡大されたRS 3.8では、伝統の水平対向6気筒ユニットは450psにまでパワーアップ。GT3よりもさらにクロースレシオ化された6速MTを組合せ、0-100km/h加速4秒、最高速度314km/hを記録します。

プジョー 208 T16 パイクスピーク プレゼンテーションカー ブラック



ボディーカラー ブラック、アメリカコロラド州で開催されるパイクスピーク インターナショナル ヒルクライムは、1916年に初開催されて以来、世界的にも長い歴史を持つモータースポーツイベントとして有名です。普段は有料道路として使用されている標高2862m地点をスタートし、目指すのは富士山頂よりも高い標高4301mのゴール地点。全コーナー数は156、平均勾配7%の山肌を走るコースにはガードレールが無い部分が多く、一歩間違えれば滑落の危険が伴う約20キロの曲がりくねった山道を一気に駆け上がる過酷なヒルクライムレースです。2013年、セバスチャン ローブが駆るプジョー 208 T16 パイクスピークは最高峰カテゴリーである改造無制限クラス アンリミテッドに出場。それまでの大会記録を1分30秒以上大きく上回る8分13秒878で圧倒的なコースレコードをマークしました。エクステリアには、プジョーが誇るル マン24時間耐久レースなどのテクノロジーが注ぎ込まれ、幅2mにもなる超大型リアウイングをはじめとする効果的なエアロパーツを装備。カーボン製ボディと鋼管フレームで組まれたわずか875kgの車体のリアミッドシップには、875psものパワーを誇る、耐久レース用エンジンをベースとする3.2リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し4輪を駆動。0-100km/h加速1.8秒という強烈な加速力を発揮します。

ランボルギーニ ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ 2015 ダーク グレー



ボディーカラー グレー、ランボルギーニのワンメイクレースであるランボルギーニ ブランパン スーパートロフェオの専用マシン ガヤルド スーパートロフェオの後継モデルとして開発されたランボルギーニ ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ 2015。2015年シーズンからの実戦デビューに向け、ランボルギーニのモータースポーツ部門 ランボルギーニ スクアドラ コルセがロードカーのウラカン LP610-4をベースに製作した新世代サーキット専用モデルです。開発には、かつてランボルギーニに在籍しミウラなどの開発にも携わっていたジャンパオロ ダラーラ氏が設立したイタリアのレーシングカー コンストラクター ダラーラ エンジニアリングも参加しています。ベースのウラカン LP610-4同様、軽量なアルミニウムカーボンファイバー ハイブリッド シャーシのミッドシップに自然吸気5.2リッターV型10気筒DOHCエンジンを搭載。改良により10psアップした最高出力620psを発生します。また、ロードカーの7速デュアルクラッチ トランスミッションと4WDシステムの組み合わせに対し、専用シーケンシャル ギアボックスと後輪のみの駆動に変更したことで、約150kgもの軽量化を果たし車両重量は約1.270kg。そのパワーウエイトレシオは2.05kg/psを誇ります。エクステリアでは、可変式リアウィングや前後デュフューザー、調整可能なフロントエアインテークなどがエアロダイナミクス強化のため採用されています。

パガーニ ゾンダ レボリューション カーボンブラック



2010年にニュルブルクリンク最速ラップ記録を達成したパガーニ ゾンダRの最終進化版パガーニ ゾンダ レボリューションは、世界でわずか5台のみが限定生産され、その価格はおよそ3億円というまさにスペシャルなハイパーマシンです。サーキット専用モデルとして開発されたこのゾンダ レボリューションは、メルセデスベンツ CLK-GTRのレーシングユニットをルーツとするゾンダRのメルセデスベンツ AMG社製6リッターV型12気筒DOHC自然吸気エンジンを800psにまで改良しミッドシップに搭載。追加された新デザインのフロントカナードやシャークフィン、ダブルリアウィングなどにより、さらに美しく機能的かつアグレッシブなスタイルを獲得しました。その性能は、カーボン、アルミ、チタンを使用したわずか1,070kgという軽量ボディを生かし、0-100km/h加速2.6秒、最高時速350km/hという世界最高峰のパフォーマンスを実現します。

メルセデス AMG GT3 マット ブラック



FIA GT3規定に準拠するレース専用車両 メルセデス AMG GT3は、2015年3月のジュネーブ モーターショーで SLS AMG GT3の後継モデルとして発表されました。ロードカーのメルセデス AMG GTをベースに、高剛性アルミニウム製スペースフレームとカーボンファイバー製パネルを組合わせた軽量なボディを採用。ベースモデルの4リッターV8ツインターボとは異なり、最高出力540ps以上を発揮する、メンテナンス性も考慮した自然吸気のAMG製6.3リッターV8エンジンを搭載しています。

シボレー コルベット C7.R ブラック



ボディーカラー ブラック、アメリカを代表する高性能スポーツカー シボレー コルベットの最新のC7型をベースに開発されたレース専用車両シボレー コルベット C7.Rを、プレーンカラーも含め6アイテムでモデル化。2016年7月にアメリカ コネチカット州レイクビルのライムロックパークで開催されたウェザーテック スポーツカーチャンピオンシップ WSCC 旧USCCの第7戦 GTLMクラスにおいて、4号車が1位、3号車が2位となりワンツーフィニッシュを決めました。これは1999年1月にレース活動を開始したコルベットレーシングが挙げた、記念すべき通算100勝目となりました。

日産 R390 GT1 1998年 ブラック



ボディーカラー ブラック、日産 R390 GT1は、ル マン24時間レース制覇の為に、トム ウォーキンショー レーシング TWR の協力のもと日産が開発したプロトタイプレーシングカーです。1990年代のグループCで活躍した名機をベースとする VRH35L型 3.5リッターV8DOHCツインターボエンジンを搭載。ル マン初参戦となった1997年は、決勝はトラブルに泣き結果が残せなかったものの、予備予選ではポールポジションを獲得するなど随所で速さを発揮しました。その改良版となる1998年型は、前年型の弱点だったギアボックスの冷却性能の改善、ロングテール化による空力改善、ウィリアムズF1チームからTCSやABSなどを導入し性能を向上させました。さらに日産とTWRの連携を確実にしてチーム体制の強化を図り、その結果、抜群の安定性で32号車が総合3位を獲得、出走した4台全車が10位以内で完走する健闘を見せました。

▼もっとみる~
日産 R390 GT1 スポーツカー

レーシングカーとは

レーシングカーとは、レース 競走、競技目的の自動車です。特に四輪のものを指します。

モータースポーツには多様な種類の競技があり、それらごとのレギュレーション、ルール、規則に合わせてレーシングカーが作成されます。スポーツカーはもちろん、セダン、コンパクトカー、SUV、ピックアップトラック、貨物トラック、バギー、さらにはフォーミュラカーやドラッグカーのように市販車には存在しない形状など多種多様なレーシングカーがあります。国際自動車連盟 FIAや各国のASN 日本でいうJAFがそれらのレーシングカー規則の大枠を作成しているため、それに倣ったものになるのが一般的です。

レーシングカーの開発 制作を主要業務としているレーシングチームや企業をコンストラクターと呼びます。また市販車メーカーが市販車をベースにレーシングカーを開発している場合はマニュファクチャラーとも呼ばれます。

レース参加者たちは必ずしも自分たちでレーシングカーを開発しているわけではなく、コンストラクターやマニュファクチャラーから完成状態のレーシングカーを購入する場合もあります。近年はレーシングカーの販売もひとつのビジネスとして成り立っていて、販売側はいかに安価で戦闘力のあるレーシングカーを量産するか、顧客に良質なアフターサービス、サービススタッフの派遣やメンテナンスなどを提供するかに知恵を絞っています。また使い終わった後のレーシングカーは他の弱小レーシングチームに売却することで、売った側は新型を購入する資金を得て、買った側は戦闘力は劣るが安いレーシングカーを手に入れられるという、市販乗用車の中古車市場に近い実態があります。

レースゲーム おすすめ switch PS4 PS5

最高のリアルドライビングシミュレーターを体験しよう。比類ないディテールで再現されたクラシックカーや、最先端のスーパーカーなど420種類以上のクルマを収録。天候が変化する中、90種類以上のコースレイアウトをドライブしよう。
伝説のGTキャンペーンモードが再び収録。車両の購入や売却、チューニング、レースをしながら、最新のクルマやチャレンジをアンロックし、シングルキャンペーンを進めて行こう。
他のプレイヤーと競い合うのが好きなプレイヤーは、GTスポーツモードで腕を磨こう。
GTキャンペーンモードやアーケード、ドライビングスクールといったさまざまなゲームモードのコレクションから、競い合うのが好きなレーサーやカジュアルなレーサー、コレクター、チューナー、デザイナー、フォトグラファーなど、自分だけのプレイスタイルや楽しみを見つけることができます。

レースクイーン

レースクイーンは、モータースポーツに参戦する各チームのスポンサーのコンパニオンであり職業美人です。メディア対応やファンとの交流も行います。RQ と略される場合もあります。

一般的にモデルのように容姿端麗で10代から20代の若く、華やかな女性が多いです。レースクイーン目当てで会場を訪れる人がいたり、アマチュアのカメラマンがレースクイーンを被写体に撮影したりと大会 イベントを盛り上げる重要なポイントです。

現在モデルやタレント、女優として活躍している芸能人の中には元レースクイーンの人やレースクイーン経験者の人も多くいます。

▼自動車おすすめサービス~
新車カーリースなら定額ニコノリパック
月々定額のカーリースSOMPOで乗ーる
リースナブル
コスモMyカーリース
MOTA定額マイカー
おトクにマイカー 定額カルモくん
安心&充実のロードサービス
自動車保険一括見積もりインズウェブ
カーリース案内 おすすめ ランキング
ドライブで遊びたい クルマの選び方
↓↓↓


~本日のイベント~

イベント情報 案内

ミュージック 商品検索案内

総合商品検索案内ショッピング

最新総合商品検索ショッピング

~運営 サイト 案内~

運営グループサイト 一覧

タイトルとURLをコピーしました