ミニクーパー 歴史 新型 高性能 ラリーカー

いいねコレガールズMAX バーチャルアイドルとして、ブログ、YouTube、Instagramで活躍するバーチャルアイドル ミューカとバーチャルダンサー ニャミ 最新イベント プロフィール

あなたの見たい動画、探している動画がきっと見つかる!映画をはじめ、ドラマや舞台、アニメなど多彩なジャンルの動画を100,000タイトル以上販売しています。

二人で好きな音楽を聴きながら夜のドライブを楽しめる曲を紹介

今月号イベントお酒 特集

人気 動画配信サイト

人気 ゲームはコレだ

いいねコレ イベント

ちょっとみて イベント

こんなのあったのイベント

ミニクーパー



ミニクーパーSS チューニング



ミニとは

ミニは、ドイツの自動車会社、BMWが2001年に設立した自動車ブランドです。

ブリティッシュ モーター コーポレーション BMC時代のミニをモチーフとして2001年に発売された新型モデルです。BMWブランド以外では初のFF車、プレミアム スモールのフラッグシップとなります。旧型との区別が必要な際には、BMCを先代ミニ、クラシックミニ、ローバーミニ、2001年以降をBMWミニ、ニューミニ、大きいミニと呼称される事があります。

ボディサイズは、軽自動車規格より小さかった先代と比べて今では、大幅に拡大されました。各種ボディカラー、インテリアカラー、オプション装備を組み合わせることにより、バリエーションは約10万通りにも及ぶ。先代が40年間キープコンセプトで生産していたのと同様、モデルチェンジを経てもほぼ同じデザインを継承しています。

日本への正規輸入車種はATのみの設定が多い中、全車種全グレードでMTが選択可能であったが、カントリーマンのマイナーチェンジより、AT限定が設定されるようになります。

ミニ 開発までの経緯

1994年、BMWがローバーを傘下に収め、生産を始めとするミニに関する全ての権利を有したことで開発がスタート、当初はイギリスを拠点としてローバーが中心となって進められ、1997年のジュネーヴ モーターショーで一般公開されます。

しかし、ローバーの経営は悪化の一途を辿り、BMWはローバーを切り離すことになったためドイツに開発拠点を移し、インチサイズのヤード ポンド法から、ミリを用いるメートル法での再設計を行うこととなった。紆余曲折の末、2001年に発表され、日本ではBMW JAPANが3月2日をミニの日と名づけ、2002年3月2日に発売されます。

初代 ミニ

▪2001年 2006年 R50/52/53 R16

2001年3月2日発売開始。ボディは3ドアハッチバックとコンバーチブルで、型式のR50はハッチバックのワンとクーパー、R52はコンバーチブル、R53はハッチバックのクーパーSを表す。基本グレードは3種類で、90psのワン、エンジン制御プログラムの変更により116psに出力を高めたクーパー、スーパーチャージャーを装着した163psのクーパーS。デザイナーは、フランク ステファンソン。

ミニ メカニズム

エンジンは、BMWとクライスラーとの合弁会社でブラジルに拠点を置くトライテックが製造する、1.6Lの通称トライテック エンジンを搭載。スーパーチャージャーの1.6 Lは、1.4 Lから1.8 Lのカテゴリーにおいてインターナショナル エンジン オブ ザ イヤー for 2003、テン ベスト エンジン2005を受賞しています。欧州仕様には1.4 L コモンレール式ターボディーゼルを搭載するワンDも設定されて、このためにトヨタから、欧州向けのヤリスとカローラ用の 1ND-TV が供給されていた。トランスミッションは、ワンとクーパーが5速MTとCVT、クーパーSは6速MTと6速ATです。

サスペンションは、フロントにストラット、リヤにマルチリンクを採用。ワンは、ばねやダンパーの設定が比較的柔らかめなのに対して、クーパーは、前後ともスタビライザーを装備し、ばね定数とダンパー減衰力を高めたスポーツサスペンションです。クーパーSは、更に径の太いスタビライザーと、堅めのダンパーを持ったスポーツサスペンションプラスを標準装備しています。

ミニ モータースポーツ

ジョンクーパーワークスWRC、ALL4 レーシング ダカール ラリー仕様、BMC時代同様、ラリーを中心に活動しています。
2011年、プロドライブがBMWワークスとして、ミニ ジョン クーパー ワークス WRCでWRC参戦を開始。2012年のラリー モンテカルロで、ダニ ソルドが2位入賞するなどしたが、2月にプロドライブとBMWの関係が決裂。代わってチーム ミニ ポルトガルがワークス指定を受けたが、結局2013年にMINIはWRCから姿を消します。

WRCと同じく2011年から、これまでBMW X3CCでラリーレイドに参戦していた X-レイドラリーチームの手により、X3CCのボディをカントリーマンとした MINI ALL4 レーシングでラリーレイドにも参戦。エンジンは同じ直列6気筒ディーゼルの3.0Lツインターボで、最高出力315ps/231kW、最大トルク 72.4kg·m/710N·m を発生する。ダカール ラリーでは2012年と2013年にステファン ペテランセル、2014年はナニ ロマ、2015年にはナサール アルアティヤが勝利し、砂漠の王者の地位を築いた。

2016年と2017年は二輪駆動のプジョー 3008の後塵を拝したため、2018年は従来の四輪駆動車4台に加え、二輪駆動のバギー3台の計7台を投入。その後も両駆動形式での参戦を続けたが、2021年はついに二輪駆動を2台のみに絞り、それでも総合優勝を果たしています。

サーキットレースでは、米IMSAのコンチネンタル タイヤ スポーツカー チャレンジにLAPモータースポーツをワークス支援する形で参戦しています。

レースゲーム おすすめ ラリー ドリフト

世界トップクラスの高級スポーツカーで、美しい大自然や街並みに囲まれた公道レースに挑戦するゲーム、完全にカスタマイズが可能なクラブシステムにより、自分だけのリーグで友達に挑戦することができます。

まとめ

ミニクーパーをはじめとした車を生み出し続けているMINIは、2001年に発表されてから、BMWのもとで歴史を築いてきました。新たに新型のミニクーパーが販売されつつ、今後このミニシリーズはどう変化していくのでしょうか。その出来に期待が高まることでしょう。

▼自動車おすすめサービス~
新車カーリースなら定額ニコノリパック
月々定額のカーリースSOMPOで乗ーる
リースナブル
コスモMyカーリース
MOTA定額マイカー
おトクにマイカー 定額カルモくん
安心&充実のロードサービス
自動車保険一括見積もりインズウェブ
カーリース案内 おすすめ ランキング
ドライブで遊びたい クルマの選び方
↓↓↓


~本日のイベント~

イベント情報 案内

ミュージック 商品検索案内

総合商品検索案内ショッピング

最新総合商品検索ショッピング

~運営 サイト 案内~

運営グループサイト 一覧

タイトルとURLをコピーしました