ランチア デルタ HFインテグラーレ 歴史 新型 高性能 ラリーカー

いいねコレガールズMAX バーチャルアイドルとして、ブログ、YouTube、Instagramで活躍するバーチャルアイドル ミューカとバーチャルダンサー ニャミ 最新イベント プロフィール

あなたの見たい動画、探している動画がきっと見つかる!映画をはじめ、ドラマや舞台、アニメなど多彩なジャンルの動画を100,000タイトル以上販売しています。

二人で好きな音楽を聴きながら夜のドライブを楽しめる曲を紹介

今月号イベントお酒 特集

人気 動画配信サイト

人気 ゲームはコレだ

いいねコレ イベント

ちょっとみて イベント

こんなのあったのイベント

ランチア デルタ HFインテグラーレ



ランチア HFインテグラーレ チューニング



ランチアとは

ランチアは、フィアットに吸収される前の1972年までフルヴィアを、フィアット吸収後の1972年~1980年にはベータという車種を製造。1979年発表のデルタもその流れを汲んだものであります。先代のベータがセダン、クーペ、ステーションワゴン、オープンカーからミッドシップまで豊富なボディバリエーションを持っていたのに対して、デルタは5ドアハッチバックのみでした。

当時の欧州では、1975年に発表されたフォルクスワーゲン ゴルフが大きな人気を博しています。2ボックス車に勢いがあったデルタは、フィアットから先に発表されたリトモに引き続き、この流れに乗るべく投入されました。スタイリングは、ゴルフを手がけたジョルジェット ジウジアーロ率いるイタルデザインが担当し、1976年のコンセプトカーのマセラティ メディチ Ⅱを小型化したスタイリングで、大衆車然としたゴルフに対し、人工皮革のアルカンターラを多用した上品な内装によって小さな高級車を目指しています。そのデザインは好評を持って迎え入れられ、1980年にランチア初のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを獲得しています。

ボディサイズは、全長3,885mm×全幅1,620mm×全高1,380mm、ホイールベースは2,475mm。普及モデルのヘッドランプは角形2灯ですが、グループAのホモロゲーションモデルとなったHF 4WD以降の高性能モデルは丸形4灯となり、徹底して冷却を意識したフロントグリル、空力を意識したスポイラーなども特徴的です。

駆動方式は FFで、エンジンは全て横置き直列4気筒で、SOHCの1.3L、1.5L、DOHCの1.6L、1.6Lターボ付きのガソリンエンジンと、1.9Lターボのディーゼルエンジンが設定されます。特別なモデルとして、DOHCの2.0LターボでガソリンエンジンのHF 4WD、HF インテグラーレと呼ばれるフルタイム4WDモデルも設定されています。このDOHCエンジンは、アウレリオ ランプレディの設計でフィアットが多用したタイミングベルト駆動のツインカムユニット、通称ランプレディ ユニットが採用されています。1993年に発表された2世代目のデルタ、通称デルタII が後継車種となります。

ランチア バリエーション

ランチアHF 4WD

1986年をもって廃止されたグループBに代わり、世界ラリー選手権となったグループAの競技用車両および、その出場権獲得用の市販モデルです。ファミリーカーであるデルタを、167PS (123kW) のDOHCターボエンジンとトルセンセンターデフを用いたフルタイム4WDにしたスポーツモデルです。

ランチアHFインテグラーレ

1988年に設定。上記のHF4WDが HF インテグラーレとなり、フェンダー形状もブリスターフェンダーと呼ばれ、張り出したものとなった。最高出力は185ps (136kW)/5300rpm。

ランチアHFインテグラーレ16v

1989年に設定。4気筒DOHC2.0Lターボエンジンを16バルブ化し最高出力は200PS (147kW)に達した。この変更に伴いそれまでのモデルは 8Vと呼ばれるようになった。大型化したエンジンのクリアランスのため、16V以降のボンネットは盛り上がった形に変更されました。このモデルからライト周辺にも通気穴が開けられ、フロントバンパー周辺にも可能な限りの通気穴を開けられます。これはWRCへの対策のため。また、駆動系もFF寄りだった駆動配分をFR寄りの前44、後56に設定し直され、拡大したトレッド、短いホイールベース、インチアップしたタイヤなどと相まって回頭性とコーナリング能力が向上しています。

ランチアHFインテグラーレ エヴォルツィオーネ

1992年にはエボリューションモデルであるHFエヴォルツィオーネが設定。各部の改良強化とともにボディデザインが変更され、最高出力も210PS (154kW)となります。車体剛性が向上し、リアドアパネルと一体化されたブリスターフェンダーが外観上の特徴となった。16Vまではブリスターフェンダーとドアパネルを溶接しています。このモデルから日本国内でいう3ナンバーボディとなり、足周りではピロボール式リンクなどの装備が搭載され、また5穴ハブに変更、角度調整のできるリアスポイラーの標準装備化などがあげられます。ボンネットの張り出しはいっそう拡大し、ボンネット前部左右に更に小型のエアスクープが追加されて、フロントブリスターフェンダーの後ろ側にはブレーキ周りの排熱を効率よく排出するためのダクトが追加されています。なお、世界ラリー選手権5連覇の記念として、マルティニカラーストライプの限定車、HFインテグラーレV5が発売されます。後にダークグリーンメタリックのヴェルデ ヨークを発表。また当時フィアットの会長であったジャンニ アニェッリの要望でワンオフの2ドアカブリオレが製造されます。

HFインテグラーレ エヴォルツィオーネII

1993年に発売。完全な独立モデルとして継続販売されたが、ラリーへの投入機会はありません。燃料噴射がシーケンシャルとなり、最大出力は215PS (158kW)となった。エヴォルツィオーネIと同形状のホイールだが15インチから16インチに変更されています。1994年、車体色を黄色とした220台限定のジアッラ 黄色と青メタリックに黄色のピンストライプのブルー ラゴスを発表、台数は215台で内装色はベージュとなります。1995年、最終ロットの限定車は、ディーラーズ コレクションと、日本市場向けコレッツィオーネ コレクション、正式名称ランチア デルタ アッカエッフェ インテグラーレ エボルツィオーネ ドゥエ コレツィオーネ エディツィオーネ フィナーレとなります。紅の車体の上面に、ランチアカラーの青と黄色のストライプを配したものとなり、コレッツィオーネの販売台数は、当初200台の予定であったが、受注に対応し250台へ変更ます。

ランチア モータースポーツ

1950年代の一時期にはF1に参戦した、スポーツカーレースでも活躍したが、特に国際ラリーの活躍が著名。2021年現在までで、史上最多の世界ラリー選手権 WRC王座を獲得したブランドです。

ヴィットリオ ヤーノ設計のマシンD50で1954年から初期のF1世界選手権に参戦、同54年、ラリー モンテカルロをアウレリアGTでグランプリでも走っていたルイ シロンの手により優勝に導きもしたが、名ドライバーアルベルト アスカリの事故死やランチア自身の経営危機から翌1955年に活動を休止。全てのスタッフ及び設備をフェラーリが引き継ぎ、ランチア フェラーリ D50として5勝を挙げています。

F1からは撤退したが、その後はラリーやル マン24時間レースなどのスポーツカー世界選手権に活躍の場を移し、ランチア地元ディーラーチームを母体としていたチェーザレ フィオリオ率いるHFスクアドラコルセの手によりラリーがWRC移行期である1970年代から1980年代にかけて、フルヴィア 1.6HF、ストラトス、ベータ クーペ、ラリー037、デルタS4、デルタHFが世界ラリー選手権において活躍をみせた。なお1978年にランチアのモータースポーツ部門は、フィアットのモータースポーツ部門であるアバルトに吸収される形で消滅しているため、それ以降はアバルトが実働隊となって活動しています。

また、ストラトス ベータ モンテカルロでのグループ5仕様におけるタルガ フローリオ、ジーロ デ イタリア、モンツァ、ルマンでのオンロードカテゴリでのチーム転向、参戦により、プロトタイプカーである LC1、LC2等のマシンもアバルト、ダラーラと共に生みだし、ワークス活動を休止させてもなお、有力プライベーターからのフィードバックよるチューン等のバックアップも続けられています。

レースゲーム おすすめ ラリー ドリフト

世界トップクラスの高級スポーツカーで、美しい大自然や街並みに囲まれた公道レースに挑戦するゲーム、完全にカスタマイズが可能なクラブシステムにより、自分だけのリーグで友達に挑戦することができます。

▼自動車おすすめサービス~
新車カーリースなら定額ニコノリパック
月々定額のカーリースSOMPOで乗ーる
リースナブル
コスモMyカーリース
MOTA定額マイカー
おトクにマイカー 定額カルモくん
安心&充実のロードサービス
自動車保険一括見積もりインズウェブ
カーリース案内 おすすめ ランキング
ドライブで遊びたい クルマの選び方
↓↓↓


~本日のイベント~

イベント情報 案内

ミュージック 商品検索案内

総合商品検索案内ショッピング

最新総合商品検索ショッピング

~運営 サイト 案内~

運営グループサイト 一覧

タイトルとURLをコピーしました