WRC10 Switch FIA世界ラリー選手権 ソフト購入 攻略 ドリフト体験

WRC 10




WRC50年の歴史と11年ぶりのラリージャパン ラリーの魅力をすべて詰め込んだ50周年記念タイトルです。

FIA国際自動車連盟のライセンスを受けた、ラリーレーシングゲームシリーズの最新作です。世界ラリー選手権50周年記念タイトルとなり、人気のキャリアモード、マルチプレイヤーに加え、歴史的な名車、ラリーが楽しめる 50周年記念モードが追加。日本版ではペースノート音声を日本語化。ラリーの魅力を存分に味わえるメモリアルタイトルです。

▼WRC50周年記念タイトル インプレッサ、セリカ、カローラなど20台の伝説的マシン
・沿道の雰囲気まで再現された6つの歴史的ラリー、アクロポリス、サン レモ、アルゼンチン

▼2021年シーズン ラリージャパン収録
・11年ぶりに日本で開催されるラリージャパン 愛知、岐阜を完全収録
・2021年追加の4つのラリー、エストニア、クロアチア、ベルギー、スペイン
・Toyota Yaris WRCなど52台の最新マシン

▼コ・ドライバーモードと日本語音声
・ペースノート音声を日本語化 日本語によるガイドで本物のラリー走行を体験
・ドライバーとコ・ドライバーに別れて協力して走る コ・ドライバーモード









Nintendo Switchソフト 購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

3GOO Switchゲームソフト WRC10 FIA世界ラリー選手権
価格:5430円(税込、送料無料) (2022/5/6時点)


ゲーム特集リンク集

ニンテンドースイッチ、PS4 PS5など人気のゲームが大集合!

レースゲーム おすすめ switch PS4 PS5



最高のリアルドライビングシミュレーターを体験しよう。比類ないディテールで再現されたクラシックカーや、最先端のスーパーカーなど420種類以上のクルマを収録。天候が変化する中、90種類以上のコースレイアウトをドライブしよう。
伝説のGTキャンペーンモードが再び収録。車両の購入や売却、チューニング、レースをしながら、最新のクルマやチャレンジをアンロックし、シングルキャンペーンを進めて行こう。
他のプレイヤーと競い合うのが好きなプレイヤーは、GTスポーツモードで腕を磨こう。
GTキャンペーンモードやアーケード、ドライビングスクールといったさまざまなゲームモードのコレクションから、競い合うのが好きなレーサーやカジュアルなレーサー、コレクター、チューナー、デザイナー、フォトグラファーなど、自分だけのプレイスタイルや楽しみを見つけることができます。

~最新ゲーム情報~

ゲーム コレクション

ゲーム特集 イベント

ドリフト走行とは

ドリフト走行とは車を意図的に横滑りさせてコントロールする走行技術のことであり、ステアリングのみに頼らず、アクセル、ブレーキ、サイドブレーキ、クラッチなどの積極的な使用により、タイヤを横滑りさせながら走行させるテクニックです。

現在ではタイヤや車体性能の向上もあり、舗装されたサーキットでの派手なドリフト走行はタイムロスになると言われているが、すべてのドリフト走行がグリップ走行より遅いわけでありません。たとえば、ラリーなどのダート競技や峠道で行われるヒルクライム及びジムカーナ等では、速く走るために積極的にドリフトを行う必要があり、特にタイトコーナー、鋭角的なきついコーナーや小さなヘアピンカーブなどでタイムを出すのにドリフト走行は大変有効なテクニックです。ジムカーナ競技ではしばしば、三角コーンの周囲をできるだけ小回りで素早く回る必要があるが、タイヤをまったく滑らせないで回った場合はかなりの大回りになりタイムロスになってしまいます。

ドリフト走行がタイムアップに有効かどうかは、車とコース、あるいは競技種目によってまったく異なります。F1などのフォーミュラカーがドリフト走行をしないのは、もちろんその方が速いからです。公道で競技をするラリーやオフロードのレース、あるいはジムカーナでドリフトが多用されるのは、ドリフト走行の方がグリップ走行よりも速いからです。

また、速さを競わないショーとしてのドリフトも行われています。これは日本がもっとも盛んであると言われ、海外にも愛好家が増えてきています。D1グランプリ、アメリカではフォーミュラドリフトのように、ドリフトコントロールを競い合ったりドリフトの美しさを競う競技も存在します。

基本的にFRの車種が使用されるが、稀にFFや4WDの車種で行われることもあります。しかし、それらの車種はFR車と比較して高度なテクニックが必要とされるため一般的ではありません。

ドリフト走行 テクニック

ドリフト走行を行うためには、ステアリング、アクセル、ブレーキ、サイドブレーキ、クラッチを適切に操作してタイヤを滑らせ、タイヤのグリップを意図的にコントロールする技術が必要となります。

慣性ドリフト

限界速度でコーナーに進入することにより、ステアリング操作のみでドリフトさせる場合にこう呼ばれます。コーナー進入時のフロント荷重により、前輪と後輪のドリフトのバランスをコントロールします。

フェイントモーション

コーナー進入時に、一旦旋回方向とは逆にステアリングを切る行為です。これによりオーバーステアを意図的に誘発してドリフトを起こします。ステアリングをアウト側に切ったのちイン側に切ると、サスペンションの戻る力と遠心力が合わさってイン側にロールしていた車体が一気にアウト側へロールします。同時にヨー方向の慣性力が生まれ、車体は急激にコーナーのインにノーズを向ける挙動を示す。ラリーで多用され、ラリークイック、スカンジナビアン フリックとも呼ばれます。

ブレーキングドリフト

ブレーキングによる荷重移動で後輪荷重が小さくなっているときにステアリング操作をすることで、グリップ力の低下した後輪をスライドさせてドリフトを起こします。荷重移動だけでなく、リアブレーキやエンジンブレーキも重要です。

パワースライド

後輪駆動車において、旋回している状態でアクセルを急激に踏み込み空回りを起こし、後輪をスライドさせてドリフトを起こします。ドリフトの距離と角度を付けるには、限界速度を超えてコーナーに進入し、前輪をドリフトさせた状態で、アクセルを踏み込み後輪をドリフトさせる必要があります。DCT搭載車や任意変速機能付きのAT車等のクラッチペダルの無い自動車でよく用いられる方法です。

クラッチキック

コーナーへの進入時、または旋回している状態でアクセルを踏んだままクラッチをすばやく蹴飛ばす。そうすることによりエンジン回転数を急激に上昇させた直後に瞬間的に動力を繋ぐことで、トルクの小さい車でもパワースライドを発生させたり、ドリフトの状態を維持させることができます。クラッチを蹴飛ばすように操作することからこう呼ばれています。AT車であっても、いったんニュートラルにしてエンジン回転数を上げた後にドライブに切り替えることで同様のことが可能です。ドリフト走行へのきっかけ作りとは異なるものの、この技術の応用でドリフト中に半クラッチ状態までクラッチを踏み、その後足を離してクラッチを繋ぐことをすばやく繰り返すことで、ドリフト中にパワーバンドをキープする技法があります。

サイドブレーキドリフト

旋回している状態で一瞬、あるいは短時間パーキングブレーキ、サイドブレーキをかけ、後輪を一時的にロックさせることでドリフトを起こします。ただし、それだけではドリフトが続かないため通常サイドブレーキを引いた状態でアクセルをあおり回転をあげた後、サイドブレーキを下すのと同時にクラッチ蹴りでドリフト状態に入る。サイドブレーキはクラッチ蹴りのきっかけとして利用する場合が多い。

シフトロック

FR車において、旋回している状態でシフトダウンし、エンジン回転数を上げずにクラッチを戻すことで後輪に強いエンジンブレーキを起こし、サイドターンと似た状態を作りドリフトを起こします。

世界トップクラス高級スポーツカー



実在する世界トップクラスの高級スポーツカー 比類ないディテールで再現されたクラシックカーや、最先端のスーパーカーなどクルマを収録。


~ランキング~


~本日のイベント~

イベント情報 案内

ミュージック 商品検索案内

総合商品検索案内ショッピング

最新総合商品検索ショッピング

~運営 サイト 案内~

運営グループサイト 一覧

タイトルとURLをコピーしました